一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  薬剤師の活動  >  保健所と水



保健所と水

 

■質問■
保健所というと健康診断をする所っぽいイメージが強いんですが、
他にもいろいろな検査をしているのですか?
 

保健所では健康診断だけでなく、いろいろな化学的、細菌学的な検査をしています。

たとえば、市町村から定期的に依頼される上水道、簡易水道の水質検査や、一般の方からの井戸水検査、みなさんご存じの病原性大腸菌O−157、サルモネラ、黄色ブドウ球菌などの食中毒の検査、大きな工場から排出される工場排水の検査などがあります。
海水浴場の検査も毎年定期的に行っております。


 ■回答■

■質問■
いろいろな公衆衛生的な検査をされているということですね。
毎日飲んでいる水道水ですが、定期的に検査をされているんですか?

 
そうです。外国に旅行すると、「水道の水は飲めない」とよく言われますが、日本では、また宮崎でもどこでも水道水は定期的に保健所や水道事業者等で検査をしていますので、安心して飲めます。

 ■回答■
■質問■
でも、水道水は時々薬品臭いというか、塩素臭がして臭う時もありますが・・・。
 
塩素くさいということは、水道水の消毒に塩素を使用しますので、その塩素が残ってにおうのです。細菌が繁殖できない、細菌がいないということで、安心して飲めますよという意味です。

 ■回答■
■質問■
井戸水もまだよく使われていると思いますが・・・。
 

井戸水を使われている方で、保健所への持ち込み検査を依頼される方も多いですね。先日ですが、こんな例もありました。
お年寄りの方が来られて、「昔から飲んでいる井戸水でとてもおいしい水だけど、心配だから一度検査をして欲しい」と水質検査を依頼されました。結果は、大腸菌群が陽性で、硝酸及び亜硝酸態窒素が水質基準の10mg/Lを越えていて、飲用不適の結果でした。


 ■回答■
■質問■
昔から飲んでいて体がどうにもならないから大丈夫、というわけではないんですね。
 
おいしくて、長年飲まれてきた井戸水でも、時には不適な水もありますね。やはり定期的な検査が必要です。

 ■回答■
■質問■
最近、スーパーに行くと、ミネラルウォーターとかおいしい水とかいっぱい売られていますが、
自宅でできるおいしい水道水の飲み方はあるんですか?
 
水道水を4〜5分沸とうさせて、冷やして飲むといいですね。いわゆる「湯冷まし」ですね。5分程度煮沸すれば残留塩素やトリハロメタンもほとんど無くなり、冷蔵庫で冷やして飲むとおいしく飲めます。

 ■回答■
■質問■
浄水器を利用するのはどうなんでしょうか?
 
 

浄水器もいろいろな種類があり、機能も異なっています。残留塩素や赤さび(鉄分)などを取り除くことができますが、定期的なメンテナンスが必要です。

浄水器のカートリッジを長期間取り替えず古くなると、機能が低下したり、カートリッジにたまった成分が溶けだしたり、細菌が増殖して、かえって水質が悪くなる場合もあります。 上手に利用してください。


 ■回答■

 
■質問■
浄水器のカートリッジは定期的に交換が必要なんですね。使いっぱなしはいけないということですね。
それから疑問に思っていることがあるのですが、水道の蛇口の周囲や日頃使っている“やかん”の壁が白くなりますが、これはどうしてですか?
 
 

原因は水の中のミネラル分ですね。このミネラル分は水分が蒸発すると後に残る成分です。水滴がついたり、乾燥したり、それを繰り返すうちに、ミネラル分が徐々に白くなっていったものです。

ミネラル分とは、人体に必要なカルシウム(1日所要量600mg)、マグネシウム(1日目標摂取量300mg)、リン、ケイ酸などの鉱物性栄養素のことで、人体には無害で問題なく、むしろ必要なものです。

水道水や井戸水などについて心配されるようなことや問い合わせなどある場合、近くの保健所や市町村の水道課などにおたずねください。


 ■回答■
人間の体の約6〜7割が水分ということで、やはり、健康を保つには毎日飲む水ですから、 安全で良質な水を摂っていくことは必要なことですね。我々も注意していきたいと思います。
 

 

 

 

 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会