一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  薬剤師の活動  >  違法ドラッグについて



違法ドラッグについて

 

■質問■
違法ドラッグについて教えてください。
 
乱用される薬物は、覚せい剤、大麻が多いのですが、麻薬やシンナーもあります。
最近では、「違法ドラッグ」といって、法規制の隙間を縫って売買されているものがあります。
違法ドラッグは「合法ドラッグ」「合法ハーブ」などと称して売られ、大変危険です。
「合法」などといっていても、麻薬や覚せい剤と同じかそれ以上の恐ろしさを持つものです。使用すると、呼吸困難を起こしたり、死亡することもあります。また、異常行動を起こして他人に危害を加えてしまうこともあります。

 ■回答■
■質問■
どうやって売られているのですか。
  インターネットや店頭販売、自動販売機などですが、合法だとかハーブですといった誘い文句で購入を呼びかけていますので、絶対に安易に手を出してはいけません。
 ■回答■
■質問■
法規制を受けないのですか。
 
  これらを取り締まるためには、法律で新たに規制対象に追加することになりますが、次々に新たな成分が出てきますので法の追加改正が追いつかない場合があります。
 ■回答■
■質問■
「合法」として売られていても手を出してはいけないということですね。
 
  そうです。「合法」といっても、どんな薬物が混ぜられているか判りませんし、覚せい剤や大麻が混ぜられていることもあります。
体に及ぼす悪影響を考えると、まだ法的に規制されていないからといって手を出すことは大変危険です。

 ■回答■
■質問■
わかりました。薬物乱用は、 「ダメ。ゼッタイ。」ですね。
 

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会