一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  病気について  >  シックハウス症候群について



シックハウス症候群について

 

■質問■
「シックハウス症候群」とはどんなものですか?
 

住宅の高気密化などが進むに従って、家の建材や家具、内装品などから発生する化学物質、カビ、ダニなどによる室内空気汚染等とそれによる健康影響が指摘され、「シックハウス症候群」と呼ばれています。
居住に由来する様々な健康被害の総称を意味する用語です。


 ■回答■
■質問■
「シックハウス症候群」の症状は?
 

目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥・痛み、せき、めまい、吐き気、頭痛、発疹など人によって様々です。


 ■回答■
■質問■
「シックハウス症候群」の原因は?
 

家の建材や家具などからの化学物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど*1)や、防虫剤や殺虫剤、カビやダニなども原因となります。
人に与える影響は、個人差が大きく、同じ部屋にいるのに、全く影響を受けない人もいれば、敏感に反応してしまう人もいます


 ■回答■
■質問■
「シックハウス症候群」から身を守るためには?
 
家の新築や改築、改装直後は室内の化学物質の濃度が高いことが多いので、換気を十分行い、臭いがしなくなってから入居しましょう。暑い時期は化学物質の揮発量が多くなりますし、冬場は室内を閉め切ることが多いので、積極的に換気をしてください。
また、カビやダニ対策も積極的に行いましょう
家の新改築などの前には、工務店や設計者と十分話し合いを行い、しっかり材料選びをしてください。

 ■回答■
■質問■
「シックハウス症候群」の症状が現れたときは?
 
住宅から離れると症状が良くなるという場合は、一応「シックハウス症候群」を疑ってみましょう。住宅内の何が原因かはっきりしないことが多いので、積極的に換気をしましょう。症状が重い場合は、医療機関を受診することも必要です。

 ■回答■
 

*1 ホルムアルデヒドやトルエンなど13の化学物質について、室内空気中濃度
    の指針値が定められています。また、「学校環境衛生の基準」や「建築物にお
       ける衛生的環境の確保に関する法律(ビル管法)」で規定する室内空気質に
      ついても化学物質の濃度が規制され、これに伴い建築基準法の改正や建材
     の化学物質放散量規制も行われています。

参考:厚生労働省健康局生活衛生課 生活環境におけるシックハウス対策

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会