一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  病気について  >  味覚障害と亜鉛



味覚障害と亜鉛

 

■質問■
味覚障害とはどういうこと
ですか?

 

味覚は生きていく上で重要な「食べる」という行為の大事な感覚ですが、「何を食べても味がしない」「味が薄く感じる」「本来と異なった味に感じる」などの味覚消失や減退などの味覚異常の症状をいい、食生活の変化や高齢化で増える傾向にあります。
私たちは、舌にある「味蕾(みらい)」というところで味を感じ、それが神経を介して脳に伝わって、甘味や塩味などを味として認識します。
この一連の流れの途中で、何らかの障害が生じると情報の伝わり方が変わって、味を変  に感じてしまうということになります。

 ■回答■
■質問■
味覚障害の原因として何がありますか?
 

高齢化により味蕾が減少し、味に対する感受性が低下している場合や、服用しているお薬の影響、心因性によるものなど原因はいろいろあります。
特に、明確な原因がない場合もありますが、味覚障害には「亜鉛」の不足が関与していることが多いです。
加工食品やファーストフードなどに偏った食事や無謀なダイエットなどを続けていますと、体に必要な亜鉛の量が不足してきます。

 ■回答■
■質問■
味覚障害の予防と治療はどうすればよいのでしょうか?
 

まず、バランスの良い食事が大事ですが、特に亜鉛を多く含む食品を積極的に摂ってください。牡蠣(かき)、牛もも肉、豚レバー、カシューナッツ、アーモンド、緑茶などがあります。
また、ビタミンCやクエン酸は、亜鉛の吸収を促しますので、一緒に摂るようにしてください。亜鉛の入ったミネラルのサプリメントなども上手に使っていただくといいですね。
亜鉛欠乏によって味覚障害を起こしている場合は、亜鉛を服用していただくことになりますし、原因がお薬の場合は、お薬の減量や中止、変更が必要になることがあります。

 ■回答■
■質問■
そのほかに何か注意することがありますか?
 

味覚障害は、徐々に進行する場合が多く、本人が気づかない時があります。
早期に治療を開始すれば、改善率が高くなりますので、「味を感じにくい」、「嫌な味がする」、「食べ物の味が変わった」などの症状がみられたらすぐに医師・薬剤師にご相談ください。

 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会