一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  生活  >  タバコか健康か 健康を選ぼう



タバコか健康か 健康を選ぼう

 

■質問■
タバコについて聞かせてください。
 

「小さな白い奴隷商人」という言葉をご存知でしょうか。それは、タバコのことです。タバコは単に有害なだけでなく、それを愛用する人を依存症にしてしまうからです。

タバコの煙の中には、ダイオキシンをはじめ、ニコチンなど体に良くないものがはいっています。ガンをおこす作用や、血管を固くする作用などの約200種類もの毒が入っているのです。

また、タバコを吸うと体内に多くの活性酸素が発生することが、わかってきました。活性酸素は、本来、体の中に侵入した菌やビールス、カビなどを溶かして体を正常に保つ物質です、しかし、多すぎると活性酸素は周囲の分子から無理矢理に電子を奪い取ります。電子を奪われた分子は酸化してしまいます。そうすると、もとの性質とは違うものになってしまいます。

つまり、細胞膜や遺伝情報のつまったDNAに損傷を与える結果、ガンをはじめいろいろな病気や老化現象の原因になるのです。病気の90%近くが多すぎる活性酸素が原因であると言われています。

加えて、タバコの煙の中には一酸化炭素がはいっているため、タバコを吸うと酸素のかわりに一酸化炭素を吸うことになります。そのために運動をすると息切れがしたり、身長が伸びるのも抑えられます。


 ■回答■
■質問■
タバコは体によくないですね。
 
そうです。同時にまわりの人にも迷惑をかけます.夫が1日に20本以上タバコを吸う場合、妻の肺ガンによる死亡率は1.91倍、約2倍にもなっています。また、タバコを吸う人は吸わない人に比べ、クモ膜下出血は1.8倍、肺気腫は2.2倍、胃潰瘍は1.9倍、意外ですが、子宮ガンも1.6倍になります。

 ■回答■
■質問■
体に良くないということをもっと広げる必要がありますね。
 


そうです。禁煙運動は世界的な広がりを見せており、公共の場や人の集まる場所では全面的に禁煙が導入されています。国によって規制の度合いが違いますが、禁煙への取り組みが行われています。

タバコの包装の目立つ位置に、「喫煙は人を殺す」とか「肺ガンや肺気腫の可能性を高める」などの注意文が表示されるようになりました。


どうぞ、タバコに殺される前にタバコの奴隷から解放されて、自由の身になってください。そのためには貼り薬やガムなども発売されています。


 ■回答■
■質問■
禁煙するにはどこに相談したらよいですか?
 


健康保険による治療も可能ですし、薬局薬店で購入することもできますので、医師・薬剤師へご相談ください。

また、県薬剤師会では、特に禁煙支援の研修を受けた薬剤師を「禁煙支援薬剤師」として認定しています。胸にバッジを付けていますので遠慮なくご相談ください。

「禁煙支援薬剤師」のいる薬局などの一覧は、このホームページのトップページの「禁煙支援コーナー」に掲載していますので、ご覧ください。


 ■回答■

 


 

 

 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会