一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  生活  >  たばこの害



たばこの害

 

■質問■
たばこの害について話して下さい。
 

たばこには、ニコチン、有毒ガスの一酸化炭素やタールなど刺激性物質が含まれています。
ニコチンは、血管を収縮させ、胃液の分泌をうながすので、胃や十二指腸に潰瘍を引き起こしますし、血液の流れを悪くさせるので、体の末端部の体温が下がります。手足の指先が冷えたり、歯ぐきの血行が悪くなって歯肉炎を招き肌が荒れてしわの原因にもなるのです。一酸化炭素は、赤血球と結びつき、体内への酸素の取り込みを低下させます。またタールには発ガン性物質がふくまれています。


 ■回答■
■質問■
たばこの害は全身におよんでいるんですね。
 
はい。ニコチンは、一酸化炭素と一緒になって、血管を細くもろくし、動脈硬化を早めますし、刺激性物質が気道粘膜を刺激するので、かぜや肺炎などの呼吸器疾患を引き起こします。さらに、たばこを吸うと、心拍数が増え、血圧が高くなり、心筋梗塞や脳梗塞を促すことにもなります。

 ■回答■
■質問■
たばこをやめるには、どうしたらいいでしょうか。
 

たばこは、自分が吸い込むだけでなく、周囲の人にまで害が及びます。女性の場合、たばこは、女性ホルモンを抑制してしまい、喫煙習慣があると閉経時期が早まるといわれています。明日といわず、今日からの禁煙をおすすめしたいものです。

たばこは依存性がありますから、急にやめられないという人には、徐々にニコチンからの離脱をはかる方法もありますので、医師や薬剤師に相談されてはいかがでしょうか。


 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会