一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  食生活  >  お酒と上手につきあおう



お酒と上手につきあおう

 

■質問■
最初に二日酔いはどうしておこるのですか。
 
 

分解しきれなかった、アセトアルデヒドの作用です。
口から入ったアルコールは、胃で約2割が吸収され、20〜30分で全身を廻ります。飲んですぐに顔が赤くなったり、気分が高揚する人がいるのはこのためです。

残りの約8割は、飲んだ量・食べた物にもよりますが、3〜6時間かかって小腸ですべて吸収されて血液中に溶け込みます。「空腹で飲むと早く廻る」と云われるのは、胃から小腸へ流れ込む時間が早くなるためです。血液中に溶け込んだアルコールは肝臓まで運ばれ、そこで分解されます。

肝臓でまず、アルコール分解酵素によって有害な「アセトアルデヒド」に変化し、次に「酢酸」となって再び血液中に戻され、最終的に水分と炭酸ガスに分解されます。肝臓の処理能力を越えた量のアルコールが入ると、一部はアルコールのまま、または、酢酸に変化されずにアセトアルデヒドの状態で全身を廻り、息や尿として排泄されます。気分の悪さ・吐き気、動悸などの二日酔いは、分解されずに残ったアセトアルデヒドの作用によっておこります。


 ■回答■
■質問■
上手な飲み方を教えて下さい。
 
 

まず、
1)自分の適量を知っておくことです。普通、肝臓の処理能力は、ビール大びん1本で3時間、焼酎1合で5時間半かかります。翌朝残さないためにも、12時までには切り上げましょう。

2)薄いお酒をゆっくりと、会話と料理をたのしみながら、飲むことです。アルコールが吸収される小腸に、直ぐに入れないことです。

3)空腹で飲まないことです。

4)おつまみ・料理は、高蛋白質、低脂肪、ミネラル・ビタミンの料理をとりましょう。良質タンパク質は、肝臓を丈夫にします。ビタミン・ミネラルの確保は、野菜・果物で。お酒は食事の一部、おつまみが食事と考えるようにしましょう。

5)週2日は、お酒を控える、休肝日をもうけましょう。


 ■回答■
■質問■
二日酔いになったらどうしたらいいでしょうか。
 
 

特効薬はありませんが、アルコールの利尿作用による、脱水症状を緩和させるため、水分補給しましょう。果物もよいですね。

体内のアルコール・アセトアルデヒドを早く追い出すために、ぬるめのお湯に半身浴、シャワーなどを浴びて、血液の循環を促進させるとよいでしょう。

また、腹式呼吸とか、歌を唄うなど、息から、アルコール・アセトアルデヒドを体内から出す方法も良いでしょう。

胃腸が荒れているときは、症状にあった胃腸薬を、ご家庭の「かかりつけ薬局」で選んでもらいましょう。

 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会