一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  食生活  >  夏の疲れをいやす薬膳



夏の疲れをいやす薬膳

 

■質問■
「夏の疲れをとる薬膳」についてお伺いします。
「薬膳」という言葉をよくみみにするのですが・・・。
 
「薬膳」と聞くと、どんなイメージを持っていますか。

 ■回答■
■質問■
漢方薬が入っている中華料理という感じでしょうか。
そして、「健康に役立つ料理」とか・・・あまり身近ではありませんね。
 

一言で言えば、中医学の理論に基づいて、漢方薬の原料となる生薬や薬効のある食物を材料に調理された「中国伝統健康料理」といえます。

そこには、「薬食同源」つまり、「薬と食物の源は一つである」という考え方が基本となっています。さらに、「末病医学」つまり「まだ病になっていない状態の時に病の芽を摘んで、なおしてしまおう」という思想がその根底にあります。


 ■回答■
■質問■
薬草を入れた料理という単純なものでないのですね。
なにか、難しそうですね。
 
いえ、そんなに難しく考えなくてもよろしいですよ。
いくつかの基本をおさえておけば家庭でも「我が家の薬膳」ができますよ。

 ■回答■
■質問■
それなら、安心ですね。 是非その基本を教えてください。
 

まず、食材には、それぞれの食能(効果)のほかに、薬味、薬性で分類される性質があるということです。

・薬味とは、酸っぱい、苦い、甘い、辛い、塩辛いの五つに分類〜五味
・薬性とは、寒、熱、温、涼、平の五つに分類〜五性

一方で、食べる側の人間には、一人ひとり違った体質があること、たとえば、冷え性の人と、熱症の人とは、食物、食べ方が違うということです。冷え性の人には、体を冷やす食物をまず考えればよいわけです。

例:「秋茄子は嫁に食わすな」
また、季節や環境によっても食材、調理法を考えることが大切です。


 ■回答■
■質問■
それでは、「夏の疲れをとる薬膳」についておたずねします。
 

夏は、冷たいものをとりすぎたりして、胃腸の調子を悪くする人が多いものです。胃腸が冷え、水浸しの状態といってもよいかもしれません。

こんなとき、胃の働きを助け、胃の余分な水分を出す、「あずき」「はと麦」「ごま」を食材として使い、そして薬味として「ねぎ」「しょうが」「しそ」といった大腸の働きを助け、体を温める食材を使う工夫が大切です。もちろん、その土地でとれた旬の食材を工夫して使うことがポイントです。
    
玄米(甘・温)〜 内臓を強くする

〜消化がよく、胃腸を温めるので、病後や下痢、冷え腹にも有効

赤小豆(甘・平)〜 むくみをとり、はれをひかせる

はと麦(甘・微寒)〜 肺の働きを活発にし体の余分な水分を取り除く利水作用
           肌荒れをなおし、潤いのある美しい肌を作り水ぶとりを治す

干しシイタケ(甘・平)〜 気力を補い、胃の消化力を増す

干しホタテ貝(甘・平)〜 陰を滋し(細胞に潤いを与え)血圧を下げる

ねぎ(辛・温)〜 風邪の薬、冷えによる腹痛を治す

ショウガ(辛・温)〜 胃を丈夫にし吐き気をおさえる

しそ(辛・温)〜 胃及び大腸・小腸の働きをよくし、冷えによる腹痛下痢を治す

塩(鹹・寒)〜 内臓を調和、食欲を増進、筋肉、骨を丈夫にする

〜 ねぎとすりごまをたっぷりかけたあずき入りお粥 〜いかがでしょうか!
(干しシイタケと干しホタテ貝でおいしいだしをとって、天然の塩で味を調える)


 ■回答■
■質問■
おすすめの漢方健康食を教えてください。
 

では、とっておきの健康食をお教えしましょう。といっても珍しいものではないのですが・・・
それは、「ごまハネー」です。
練りごまと蜂蜜を2:1の割で混ぜたものです。
トーストに塗ったり、そのまま舐めても、ミルクに溶かして飲んでもとてもおいしい一品です。

やせたい人は食前に、太りたい人は食後にとるとより効果的です。
〜元気はつらつ、黒髪ふさふさの若返り特効食 〜といえそうです。


 ■回答■
■質問■
三度三度の日常の食事がいかに大切かわかりました。
まさに「薬食同源」ですね。
 

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会