一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  食生活  >  健康と食事



健康と食事

 

 

私たちの健康を支えてくれるのに、食事、運動、休養(睡眠)、快いお話、ストレス解消などいくつかの柱があります。
今回はその中の「食事」についてお話したいと思います。

皆さんの周りに高齢者の方でとっても元気にお暮らしの方がたくさんいらっしゃると思います。その原因は何だと思われますか?



■質問■
何でしょう?適度な運動をすることでしょうか?
 

もちろんそれも関係すると思いますが、1つには長い間の食生活があげられると思います。炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルなどバランスのとれた栄養素が必要です。中でも野菜の持つ色素を多くの種類とることが、五臓六腑を強くし、健康体を作ることにつながります。


 ■回答■
■質問■
野菜の色素ですか。
野菜にもいろいろな色をしたものがありますが、その色によって体の中での働きが違うのですか?
 

そうです。色の違うものは働きも違うんですよ。
赤い食べ物は心臓や小腸の働きを良くします。人参、赤蕪、苺、無花果、西瓜などです。青い食べ物は、肝臓や胆のうの働きをよくします。つまりパセリ、ピーマン、ほうれん草、小松菜、三つ葉、莢豌豆などがあります。


 ■回答■
■質問■
なるほど、おもしろいですね。では黄色い食べ物にはどんな働きがあるのですか?
 

黄色い食べ物は、脾臓や胃の働きをよくします。南瓜、玉蜀黍、バナナ、柿、大豆、アスパラガス、みかん、カリフラワーなどです。
また、黒い食べ物は、腎臓の働きを良くします。牛蒡、蓮根、黒胡麻、椎茸、昆布、ひじき、若芽などです。
そして白い食べ物は、肺や大腸の働きをよくします。大根、白菜、白胡麻、玉葱、蕪、キャベツ、梨などがあります。つまり、交通信号の赤、青、黄に黒白を加えた物が、健康を守る五色の構成となります。


 ■回答■
■質問■
赤、青、黄、黒、白の五色ですね。わかりました。
これらの色の食べ物をバランスよく食べることが、大切なのですね。
 

そうです。
さて、私たちは生まれた時から、自然治癒力が備わっております。体質的な面もありますが、その働きが強ければ病気にかかりにくく、治りも早い傾向にあります。

私たちは日常生活において、この自然治癒力を高めることによって、より健康的な生活を送ることができるのです。昔から「衣食同僚」という諺がある様に、私たちの身を養い、自然治癒力を高める食べ物は自然界にたくさんあります。中国の古典の中にも、体の働きを高め健康を生み出す食物を五色の別に分けたり、五味の別に分けたりしてあります。

たとえば、先ほどの話の様に「青い食べ物は肝臓や胆のうに栄養を与え、また、酸味は肝臓や胆のうの働きを高める」という由です。酸味は肝臓系に、苦みは心臓系に、甘味は脾臓系に、辛味は肺系に、鹹味(しょっぱい)は腎臓系にという風に五つの味に分けられます。

これらを現代の食文化に取り入れ、自然の食べ物をできるだけ種類を多くバランスを取りながら健全な食生活をしていきたいと思います。


 ■回答■
■質問■
正しい食事は病気になりにくい体を作り、さらに病気を直す力も高くするわけですね。
ほんとに食事って大切なんですね。いろいろな色や味のする食べ物は、それぞれ体にとって 別々の働きをしているということがよくわかりました。
ですから多くの種類を取り入れた食事をすることが、健康への近道ということですね。
 

血管の老化を防ぎ、元気な血液を作り、サラサラと血液を流すのは、すこやかな食事をとる事、つまり健康への第一歩なのです。


 ■回答■

わかりました。わたしも今日からちょっと食事の内容を見直してみます。
           
 

 

 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会