一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  食生活  >  薬とお酒について



薬とお酒について

 

■質問■
忘年会のシーズンは、お酒を飲む機会が多くなるこの時期ですが、薬とお酒について教えて下さい。
 

まず、普段薬を飲んでいる人がお酒を飲んだ場合どのような影響があるのか、その組み合わせについてですが、一般的に簡単な例としては高血圧や糖尿病の薬はアルコールで効き目が強くなります。

つまり、血圧を下げる薬の場合は、血圧が下がりすぎてクラクラしたり吐き気がしたりします。
また、血糖を下げる薬の場合は、血糖値が下がり過ぎてショックを起こしたり昏睡状態になったりする恐れがあります。


 ■回答■
■質問■
高血圧や糖尿病の薬を飲んでいる人は、お酒は控えめにしなければいけないのですね。
他にもまだありますか?
 

はい。精神安定剤や睡眠薬などは、お酒と一緒に飲むとその作用が強く出て、いっそう酔っぱらったような感じになります。
また、逆にてんかんの薬を飲んでいる人では、そのけいれんを抑える作用が弱められて、効き目が悪くなったりします。


 ■回答■
■質問■
いろいろあるのですね。
具体的にそうした薬を飲んでいる人がお酒を飲む場合は、どうしたら良いのでしょうか?
 
できたら、お酒は控えた方がいいのですが、飲む際は控えめに飲んでください。お酒と薬を同時に飲むようなことはいけません。お薬を飲む前後2時間はお酒は控えた方がいいですね。

 ■回答■
■質問■
ところで、忘年会などでは、つい飲み過ぎてしまい二日酔いになったりしますが、
二日酔いにならないようにするには、また、二日酔いになってしまったらどのような薬を飲んだら良いのでしょうか?
 

まず二日酔いですが、これはアルコールが分解してできたアセトアルデヒドが血液の中にたくさん残っていて、これが胃のむかつきや頭痛などの原因になるのです。
このアセトアルデヒドは体内から排出されるのに12時間ぐらいはかかるので、夜中まで飲んでいる人は午後にならないと気分はよくならないのです。
この二日酔いに効くという薬は主に胃腸薬で、飲む前の空腹時が効果的です。さらに寝る前にもう一度、この薬と多めの水を飲むとよいと思います。

また、お酒をのむ前に牛乳を飲むこともよいことです。
二日酔いの薬は、漢方処方の黄連解毒湯などにアルコールの分解を早めたり、胃からの吸収を抑えたりする薬品を配合したものが多いようです。
しかし、飲み過ぎたらこうした薬もあまり役に立たないと思います。


 ■回答■
■質問■
ほどほどが良いということですね。
でも二日酔いでつらい時にはどうしたら良いでしょうか?
 
胃のむかつきや吐き気を抑える薬と一緒にスポーツドリンクをのむと良いと思います。頭痛がするからと言って頭痛薬をのむのは、気を付けないとお酒で痛めた肝臓と胃をさらに痛めることになります。
結局、二日酔いをするほど飲み過ぎないことが一番だと思います。

 ■回答■

 

 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会