一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  薬の使い方  >  身近な漢方



身近な漢方

 

■質問■
身近な漢方といくことで、かぜの時に使う漢方薬についてお話を伺いたいのですが。
 
かぜといっても軽い鼻かぜ程度から、40℃近い高熱の出るインフルエンザまでいろいろですが、今日は、病院にかかるほどではないいわゆるセルフメディケーションと言われる範囲でよく使われる漢方をいくつか紹介します。

 ■回答■
■質問■
私も知っているものに葛根湯がありますが、これは、かぜの引きはじめに飲むものですよね。
 
そうです。葛根湯は、かぜの引きはじめで寒気があって・・・いわゆるゾクゾクする感じです。食欲も普通にある。そして汗をかいていないときに使います。


 ■回答■
■質問■
私の場合、かぜをひくと体のふしぶしがあちこち痛くなるのですが、葛根湯でよいのですか。
 
たぶん、いつも元気で丈夫な方なのでしょうね。こんな方は、かぜのひきはじめに寒気だけでなくふしぶしが痛くなり腰までも痛かったりします。こうゆう人は、葛根湯は効かないことが多いですね。
麻黄湯というのがありますので、今度かぜをひかれたときには飲んでみてください。

 ■回答■
■質問■
そういえば、かぜのようだけどちょっとおなかをこわしているような感じの時もありますよね。
 
そうですね。腹痛があったり、ちょっと下痢したり、少し汗ばんだり、寝汗をかいたりとか。こんな時は、紫胡桂枝湯を使うと楽になることが多いですよ。

 ■回答■
■質問■
一口に、かぜのひきはじめといっても一通りではないようですね。
 

その人の体力や、そのときにかかったかぜの種類とかでも症状の出方が違うのだと思います。
まだまだいろんなおくすりがありますので、自分で判断するのはむずかしいと思います。

おくすりを求められるときには、「○○をください」ではなく、きちんと症状などを話されて、適切なものを選んでもらうようにしてください。そのためにも、身近なところに自分の「かかりつけ薬局」をもたれると良いかと思います。


 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会