一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  薬の使い方  >  薬を正しく使用するために



薬を正しく使用するために

 

■質問■
薬を安全に効果的に使うためには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょう。
 

薬の効き目は、服用すると量と飲む時間に深い関係があります。早く直そうと思ったり忘れていたりして、2回分をまとめて飲んでも早く治るものではありません。多く服用すると、かえって悪影響のでる場合もあります。

ですから、お医者さんや薬剤師等が指示した量とか、薬局・売店にて購入された場合は、薬の箱や説明書に書いてある量や服用時間を必ず守ってください。


 ■回答■
■質問■
その服用時間のことを詳しく教えていただけますか。
 

はい。薬の服用時間は病院や薬局でいただく薬の袋とか、薬局・薬店にて購入なさった箱等に書いてあります。食前、食後、食間、就寝前それに一定時間ごとなどがあります。

食前とは、食事の約30分前 
食後は、食事の後30分以内 
食間は、食後2時間くらいたってから
就寝前は、お休みになる30分以内です。

そのほかに、頓服薬があります。これは症状がでたときにだけ指示通りに服用するものです。


 ■回答■
■質問■
よくわかりました。それでは、服用時には、どんなことに気をつけたらよいのでしょう。
 

まず、薬の形は錠剤とかカプセル剤、散剤、顆粒剤、シロップ剤など、きちんと効果が現れるよう、工夫されております。従って、錠剤をかんだり、カプセルをはずして飲んだりしないようお願いします。

また、服用に際しましてはコップ1杯の水またはお湯で飲んでください。これは、胃などに対して刺激を少なくしたりよく溶けて早く効き目を発揮させるためです。水なしで飲む方がおりますが自慢にはなりません。くれぐれもビールや焼酎などでの服用はしないでください。牛乳、ヨーグルトなどの乳製品での服用は、効き目を悪くする場合があります。お茶での服用は、貧血の治療をなさっているか体外は大丈夫です。


 ■回答■
■質問■
なるほど。それらのことに気をつけてしっかり守るようにします。
それでは最後に、そのほかに注意することがありましたら教えてください。
 

みなさまが薬局・薬店で薬を購入なさった場合、ほとんどの薬に使用期限が書いてありますので、それを守りましょう。

また、購入年月日を箱や瓶に記入しておくことも大切です。保管場所は、直射日光が当たらず、湿気のない、涼しいところがよいでしょう。

病院や調剤薬局でいただいている薬は、その人の症状にあわせて調剤された薬ですからよく効いたからといって他の人にあげないでください。

また自分の判断で勝手に薬を中止しないで医師や薬剤師にご相談ください。


 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会