一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  環境  >  酸性雨について



酸性雨について

 


おはようございます。
 
おはようございます。

 
■質問■
さっそくですが、今日はグロ−バルな環境問題の一つであります
「酸性雨」についてお話をいただけるそうですが。
 

そうですね、雨が降ったら傘をさしましょうというお話をしたいと思います。 今、宮崎、日本そして世界に降る雨が酸性に傾いています、酸性の雨が降りますと動植物に大変大きな影響を与えます。今日はその酸性雨についてお話をしたいと思います。

太古の昔、恐竜がいて、大シダのような被子植物が生い茂っていた時代がありましたが、この恐竜や大シダが絶滅したのは酸性雨によるといわれています。それでは、なぜ酸性雨が降ったのか、二つの説があります。

一つは、小惑星や隕石が地球と衝突したときの衝撃波によって空気中の酸素と窒素が結合して窒素酸化物ができ、これが大気中の水蒸気に溶けて酸性の強い硝酸になって地上に降り注いだ説です。

もう一つは火山の爆発です、火山の爆発によって生ずる亜硫酸が水蒸気に溶けてやはり酸性の強い硫酸になって地上に降り注いだという説です。酸性の雨が降りますと恐竜の卵の殻はアルカリ性の成分でできていますので溶けてしまうのです、したがって繁殖できないということになるのです。

こうした太古の昔の酸性雨が自然災害であったのに対し、今日の酸性雨は人為災害によりもたらされたものであるという大きな違いがあります。


 ■回答■
■質問■
そうしますと酸性化する原因は、工場や自動車の排気ガスによるわけですか。
 

そうです、これら酸性物質は石炭や石油を燃料とする工場やガソリンを燃料とする自動車に由来するということになります。そしてこれらが大気中で水蒸気に溶けますと数ミクロンという大変小さな粒子になりますので滞空時間も長く、1万kmも飛んでいきます。越境汚染物質といわれます。これが地球規模的環境問題といわれる所以なのです。


 ■回答■
■質問■
それでは酸性雨とはどの程度のものをいうのですか。
 

雨は蒸留水みたいなものですが、空気中の炭酸ガスを吸収するため通常は少し酸性側に傾いております。酸性雨というためには、汚染のないバックグランド値がいくらかということを決めておかなくてはなりません。そのためにいくつかの調査がなされております。

一つは、人為的汚染が少ない、火山がない、数千年前のものが保存されているというとそれは南極の氷の酸性度ということになります、

次には人為汚染源から1万kmはなれているところに位置するサモアの雨水の酸性度、

最後は、空気中の水蒸気は炭酸ガスに飽和されている状態にあることから、純粋な水に炭酸ガスを飽和させたときの酸性度、これらの数値から現在ではpH5.6を下回るもの酸性雨といっております。


 ■回答■
■質問■
世界的に石炭や石油が十分使えないとなるとエネルギ−源はどうなるのでしょう。
 

化石燃料に代わるエネルギ−というと電気エネルギ−ということになります、電気エネルギ−を作り出すものは水力、太陽、地熱、風力、原子力があります。

水力は、水資源や観光資源の保護の観点から、限界にきているように思えます、また太陽、地熱、風力の実用化によりまかなえるだけの多量のエネルギ−を確保することも困難なように思えます。

やはり実態から危険度は高いと判断せざるを得ませんが、資源小国としてはわがままばかりも言っておれず、安全に供給されるということが前提で、やはり原子力も視野に入れておかなければならないと考えます。


 ■回答■
■質問■
これから雨の多い時節になりますので傘をさして濡れないようにしたいと思います

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会