一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  体のこと  >  あなたの体温は何度ですか?



あなたの体温は何度ですか?

 

  普段、病気でもない限り体温を測ることは、あまりないかもしれませんが、
ご自分の基礎体温がどのくらいかご存知ですか?
■質問■
(返事はおまかせします!)だいたい普通はどのくらいなのですか?
 
 
健康な方ですと36.6℃くらいで、昼間の活動時間だと37度を超えていることが多いです。このぐらいだと身体の新陳代謝も活発で、健康で活動的、免疫力も高くほとんど病気をしない状態を保つことができます。ところが、最近は低体温の方が増えているように思われます。

 ■回答■
■質問■
低体温というと、35度台ですか?
 
 

はい。35.5℃近くをさします。当然、身体が冷えているわけですから、血管が収縮して流れが悪くなり新陳代謝も半減してしまいます。それによって、自律神経失調症を起こし、排泄機能低下やアレルギー体質などを引き起こします。多くの方を悩ませている不眠や便秘、肥満、花粉症なども含まれます。


 ■回答■
■質問■
まさか34度台の人はいないのでしょう?
 
 
34度というと例えば、山や海などで遭難し救出された後、生命回復ができるかどうか判別する体温で『生死の境』と言えます。自分で自分の体が自由に動かすことが出来ない状態です。



 ■回答■
■質問■
ということは、低体温の人はあと1度下がるともう体が動かなくなるわけですね!
 
 

そうなんです。それに伴って病気から身体を守る免疫力も低下します。身体の中に、いろんなバイ菌が繁殖して、例えばカゼをひくなど私たちの健康を壊します。もちろんガン細胞も例外ではありません。『ガン細胞は体温35度を好む』と言われ、とくに一日のうちで一番体温が下がり気味の夜寝ているときに忍び寄ってきます。この時正常な体温だと、免疫細胞ーこれはみんなが持っているものですが、できたガン細胞を掃除してくれます。ちなみにガン細胞は毎日3000〜6000個できているそうです。ところが、低体温だとその免疫細胞の力が弱くなってしまうのです。よく免疫力をアップさせるためにアガリクスや冬虫夏草などを飲んでいる方がいらっしゃいますが、その効果を発揮させるためにも、低体温の改善が絶対必要条件になると思います。


 ■回答■
■質問■
そうなんですねえ。では、体温を上げるためには、どうしたらよいのですか?
 
 

原因はいろいろあると思いますが、一つは血液の質と量に大きく関係します。栄養たっぷりの血液が身体のすみずみまで廻っていればいいわけですから、まずは、貧血の改善ですね。慢性ではなく、ときどき貧血の方まで入れると女性の半分以上といわれています。また、ドロドロしている血液は重くてすみずみまで運べませんので、なるだけ、サラサラにしなければいけません。もちろん、食事療法が基本ですが完璧とはいきませんので、一緒にイチョウ葉エキスなども試してみてもいいと思います。また、症状の深刻な方は、漢方薬で根本治療されたほうがよいかもしれません。もう一つはビタミン・ミネラル、とくに亜鉛不足により食事を取ってもそれを熱エネルギーにかえる力の弱い方がいます。このような場合、自覚症状としては最近、疲れが取れない、肩こりなどがあるはずです。
病気は治そうと思った時に半分は治っているものだといいます。低体温はとても深刻な症状ですが、必ず改善できますので、ぜひご自分にあった方法で、努力していただきたいと思います。


 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会