一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  体のこと  >  唾液分泌と嚥下障害



唾液分泌と嚥下障害

 

■質問■
嚥下障害について説明して下さい。
 
簡単に言いますと、ものを飲み込む事を嚥下と言います。
年をとったり、病気または病気の後遺症などでものを飲み込む力が低下し、のどに食物がひっかかる、食物をうまく飲み込めない、あるいは薬が飲みづらくなる事を嚥下困難とか嚥下障害と言います。

 ■回答■
■質問■
唾液とは何か関係がありますか?
 

唾液は99%以上が水分なのですが、ムチンやアミラーゼなどを含んでいて消化を助けたり、唾液の粘調整を高めて食魂の通過を助け、粘膜表面を保護する働きがあります。
つまり、唾液分泌が減少すると、パンのようなパサパサしたものがうまく食べれなくなったりします。

また、味覚の変化を引き起こし、食欲低下を来すことも知られています。
前に、味覚障害と亜鉛という事でお話させていただいたのですが、亜鉛不足も唾液不足も同じように食物がまずく感じられるようになります。


 ■回答■
■質問■
他に何かありますか?
 

薬が飲みづらい時、やむを得ずご自分または介護をされている方が錠剤を砕いたり、カプセルをはずされたり食事に混ぜ込まれたりされている場合などがあるかと思いますが、薬の吸収などに影響を与えますので、一度、薬剤師にご相談下さい。

最後になりましたが、介護に関しましては、お薬の事ばかりでなく色々悩まれている事も多いかと思います。川南庁でも役場より在宅介護相談協力員の委嘱をうけ、薬局が相談にのっております。
かかりつけ薬局でお気軽にご相談下さい。


 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会