一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  介護関連  >  オムツについて



オムツについて

 

■質問■
介護保険制度もこの4月から始まりますが、最近、介護に対する関心が高い時期に有ると思います。
今日は介護にかかわるお話をしていただきます。

介護の中で、介護の負担が大きく、また、「寝たきり・寝かせっきり」にしないためのポイントになっているのですが、「排泄の介護」です。今日は、排泄にかかわるオムツのことを中心にお話をしたいと思います。
「トイレだけは、這ってでも自分で行きたい。」というのはお年寄りの共通の願いだと思います。その人にあったオムツの利用法を考えることが大切です。

失禁が気になると家に閉じこもりがちになってしまいます。お年寄りの生活を広げるために、また、介護者の負担を少しでも軽くするために、オムツを利用してください。最近はいろいろな種類のオムツが出回っています。

お年寄りにあったものを選んであげてください。わからない時は薬局の方に相談し、選んであげるといいと思います。


 ■回答■
■質問■
いろんな種類のオムツが出回っているということですが、どんなオムツがあるんでしょうか。

何とか自分でトイレにいけるけれども、失敗するのが不安という方には下着のように上げ下げできるパンツ型の紙オムツがあります。

起きられない方、安静が必要な方用のテープ止めタイプのものやオムツカバーを使うフラットタイプのもの・テープ止めタイプの中に入れて使う尿とりパット。これは、オムツ全体をぬらさないため、このパットだけ交換すれば済むので介護者の負担が少なく、経済的です。


 ■回答■
■質問■
経済的といえば医療費との関わりはどうなんでしょうか。

この大人用の紙オムツは医療費控除の対象となっています。
ただ、これは主治医によるオムツ使用証明書が必要です。
控除される対象は証明書発行以降の紙オムツなので使い始めにもらうとよりお得です。
それと、紙オムツを購入されるたびに領収書をもらって保存してください。
領収書には使用者の名前と大人用紙オムツであることをはっきりわかるようにしてもらいます。
オムツ使用証明書はいつも紙オムツを買われる薬局に聞いてみてはいかがでしょうか。


 ■回答■
■質問■
わかりました。わからないことがあれば、すぐ薬局に相談するということですね。

介護用の紙オムツとは少し違いますが、多くの女性が経験している生理現象のひとつに軽い尿もれがあります。これは、くしゃみ・咳・重いものを持ったときなど日常のちょっとした事で起こります。ですから、ご自分一人の問題だと悩みにせず、積極的に対処して普段と同じように過ごしていただければ・・・と思います。生理用のものは尿が逆戻りしてしまうし、尿とりパットでは分厚く大きいので、ちょっと違和感があるという方に軽い尿もれ専用のものがありますので、ぜひ薬局でご相談ください。また、春にはもっとつかい方の簡単な商品もでるようです。このようなことは自分の周りにおこらなければ必要のないことかもしれませんが相談できる薬局をつくっておくことが、いざという時に役に立つことだと思います。


 ■回答■
■質問■
ご自分のための「かかりつけ薬局」をつくらなければなりませんね。

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会