一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  医療分野  >  かかりつけ薬局とは 〜2



かかりつけ薬局とは 〜2

 

■質問■
今朝は「かかりつけ薬局」についてお話を伺います。
かかりつけのお医者さんというのは知っていますが・・・
かかりつけ薬局という言葉はあまり耳にしませんね?
 
 
そうですね。その前に病院やクリニックに行かれて「院外処方せん」をもらわれたことはありますか。

 ■回答■
■質問■
はい、病院で診察を受けたあと「処方せん」を持って外の薬局でくすりをもらうシステムですね。
ありますよ。
 
 
この「院外処方せんシステム」というのは、効果と副作用の両方を合わせ持つ「くすり」という化学物質を安全に使用するためのシステムなんですが、これをさらに効果的にする方法が「かかりつけ薬局」とお考え下さい。

 ■回答■
■質問■
もう少し詳しく説明していただけますか。
 
 

どんな病気になったときにでもまず診てもらう、それがかかりつけ医ということになりますね。
体質や日頃の体の状態をいつも把握してもらっている、ときには家族ぐるみのお付き合いで家庭状況まで知り尽くされているなんてことがありますが・・・。

それと同じで、今どんなクスリを飲んでいる、今までにこんなクスリで蕁麻疹などの副作用がでた、こんな病気があってこういうクスリを飲んでいるのでこういうクスリは飲めないなど、クスリについてすべてを把握・記録して安全な薬物療法ができるようにお手伝いするのが「かかりつけ薬局」ということになります。
だから“かかりつけ” の薬局があると安心ですよ。


 ■回答■
■質問■
なるほど。ではその「かかりつけ薬局」をつくるにはどうしたらいいんでしょうか。
 
 

ご近所やお勤め先など 便利のよい所によく知った薬局があれば一番いいんですが、オレンジに青の十字架がくるくる回っている看板の薬局を1つ選んで下さい。

そして、どこの病院、診療所にかかっても「院外処方せん」をもらったら、その薬局に持って行き調剤してもらうと 同時にクスリが重複していないか、あるいは 服用してもいいかなどチェック、記録してもらうことです。

また、ご自分で買って飲む場合もそこだったら記録されているから安心ですね。


 ■回答■
■質問■
よく分かりました。食べ物じゃないんですよね、少し安易に飲んでいたような気がします。
調剤も自分で買って飲む時も一ヶ所の薬局にするのがくすりの安全使用につながるということですね。
くるくる看板が目印ですね。
 
 

そうです。くるくる看板の設置してある薬局は「どこの処方せんも受け付け、責任持ってクスリの安全使用のお手伝いをします」と宣言している薬局です。研修会にも積極的に参加し、新しい情報を取り入れ、危険や事故の防止に努めています。

くるくる看板のある「基準薬局」を見つけていただきご利用下さい。


 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会