一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  医療分野  >  医薬分業について



医薬分業について

 

 
県立日南病院では、10月3日より、院外処方箋を発行するようになりました。
これは、「医薬分業」と言って、「診察を行う病院」と「お薬を調剤する薬局」を分けて行うことです。
この薬局は、患者さんが選ぶことができます。
■質問■
「医薬分業」になると、どのような良いことがあるのでしょうか?
 
 

薬局では、患者さんのお薬に関する記録を保管しています。

お薬に対するアレルギー・副作用等を記録しておくことで、患者さんの服用するお薬の安全性を高めることができます。

他の病院や診療所の処方と同じ薬が重複していたり、危険な飲み合わせがある場合など、処方内容に疑問がある場合、薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や処方中止等の処置がとられることもあります。

お薬の名前、服用法、効能・効果、副作用などの情報を書いたメモをお渡しして説明をしたり、お薬手帳や健康手帳にお薬の情報などの記録をします。









 ■回答■
■質問■
お薬は、どこの薬局でもらえるんでしょうか?
 
 

患者さんが希望する薬局で、お薬を受け取ることができます。

特に複数の医療機関や診療科を受診しておられる患者さんは、「かかりつけ薬局」を決めて、お薬を処方してもらうと、薬の重複、飲み合わせによる相互作用などのチェックができ、より良い服薬指導を受けることができます。


 ■回答■
■質問■
処方箋に有効期限はありますか?
 
 
院外処方箋は、発行日を含めて4日以内であれば、いつでも、どこでも、お薬を取りに行くことができます。



 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会