一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  医療分野  >  今、なぜ医薬分業?



今、なぜ医薬分業?

 

■質問■
最近、よく医薬分業という言葉を耳にしますが、どうして、今、医薬分用なのでしょうか?
 
 

2万種を越える医療薬品の多さ、医療の高度化、高齢化社会の浸透を考えると、薬の正しい使い方が必要になり、保険薬局での服薬指導が発揮できるようにと医薬分業が重視されてきました。昨年から手がけて県立宮崎病院、国立宮崎病院、宮崎医大付属病院と原則全面分業になりましたし、県内の民間病院医院、歯科医院の4割近くが処方せんを発行しています。

用法・用量は薬の特性に加え、体質・年齢・からだの状態によって変わってきます。薬によっては2種類以上一緒に飲むと、影響しあって効果が弱くなったり、強くなったりすることがあります。これは飲食物でも起こることがあります。医薬分業ではこのへんのチェックと指導ができるのです。


 ■回答■
■質問■
では、クスリを飲むときの心がけとしては、どんなことがあるんですか?
 
 
医師・薬剤師の指示を守り、勝手に辞めたりしないようにして下さい。ただし、からだに何かいつもと違う事が生じたら医師・薬剤師に伝え、相談して予期せぬ副作用出現を最小限にとどめましょう。また、薬が病気が良くなるための手助けになるためにも正しく使っていただきたいと思います。

 ■回答■
■質問■
今年話題になりましたがバイアグラ、リアップ、低容量ピルが発売されましたが、これについてお話下さい。
 
 

欧米ではかなり前から使われていましたが、正しく使われることを前提に日本でも発売が許可されたのですが、バイアグラと低量ピルは医師の処方箋で、リアップについては薬局の薬剤師に正しい使い方を相談して求めて下さい。医師や薬剤師に相談する事をおっくうがったり、恥ずかしがらずに気軽に相談を。


 ■回答■
■質問■
最後に、気軽にかかりつけ薬局に相談できる内容としては何がありますか?
 
 
病院医院で発行された処方せんの薬はもとより、OTC(大衆薬)の内容、使い方、今氾濫している健康食品、機能性食品の内容、求め方、また来年から始まる介護保険の内容、施設や介護用品の紹介など、住まいの近くなど利用し易いかかりつけ薬局を決めておくと良いでしょう。

 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会