一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  その他  >  献血のお願い(2)



献血のお願い(2)

 

■質問■
1年間に何人ぐらいの人が献血しているのですか?
 
宮崎県で、平成23年度1年間で、献血をしていただいた方は、50,331人になっています。平成16年から5万人を切っていたのですが、7年ぶりに5万人台を確保することができました。
しかし、県総人口(約113万5千人)に対する献血者数の割合は、4.4%となっており、まだまだ低い状況です。

 ■回答■
■質問■
献血するのは、元気な若い人が多いと思うのですが、どういった年代の人が献血し
ているのですか?
 

献血者を年代別に見ますと、30代と40代が一番多く、合わせて献血者の半分を占めています。次いで20代と50代になっています。最近の3年間を見ますと、40代から60代の方の献血は増加していますが、残念なことに、10代は微増、20代、30代では減少してきています。

 ■回答■
■質問■
献血の中心となってほしい20歳代と30歳代が減ってきているのは問題ですね。
 
そうなんです。少子高齢化のため、ますます高齢者は増加しますので、医療で使用する血液も増加しますが、若い人達の人口が減少していくわけですから血液を確保するのが厳しい状況になっていきます。
赤十字血液センターでは、高校生や大学生等の若年層を対象に、積極的な献血への参加を推進しているところですし、若者だけでなく、各年代の方へ、広く献血協力の呼びかけをしています。
また、献血のできる基準がありますが、これが平成24年4月1日から変更になり、男性は、「400ml献血」が17歳から可能になり、「血小板成分献血」は69歳まで可能になるなど、幅広い年代の方に献血していただくことができるようになりました。
ぜひ、元気で献血できる方は、ご協力をお願いしたいと思います。
「献血は、からだひとつでできるボランティア」です。

 ■回答■
■質問■
では、献血したいとき、どこでできますか?
 

一つは県内を巡回しています4台の「献血車いずみ号」です。県内各地やイベント会場などにも伺っています。「いずみ号」の巡回スケジュールは、宮崎県赤十字血液センター(電話0985−50−1800)へお問い合わせいただくか、ホームページ(http://www.bc9.org/center/miya/miya_top.php)のトップに運行スケジュールを載せていますのでご覧ください。
もう一つは、献血ルーム「カリーノ」においでください。献血ルーム「カリーノ」は宮崎市橘通東4丁目のカリーノ宮崎の3階です。(電話0985−23−0007)
献血の種類によってはお待ちいただくことや、予約にさせていただいていることがありますので、事前にお電話をいただくとありがたいです。もちろんすぐに献血できる場合がありますの遠慮なく献血ルームへおいでください。お子様と一緒でも大丈夫です。

 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会