一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  医療分野  >  お薬手帳の必要性と活用法について



お薬手帳の必要性と活用法について

 

■質問■
今日は、最近、薬局・病院受け付けでよく聞かれる、お薬手帳についてお話を伺いたいと思います。
薬局や病院受け付けで、「お薬手帳をお持ちですか。」とよく尋ねられますが、
「お薬手帳」とはどういうものなんですか。
 
 
そうですね。「お薬手帳」とは、一言で言うと患者さん自身が、現在服用されているお薬を知る為に必要なんです。

 ■回答■
■質問■
「お薬手帳」はどうして必要なのでしょうか。
 
 

はい。お薬手帳は、言ってみれば患者さん自身のお薬の履歴書なんです。
病院で出された、お薬がすべて記載してあるわけですから、別の病院へ始めていっても「お薬手帳」を見てもらうことで、服用しているお薬と同じ効果のお薬が処方されることはありませんし、お薬の服み合わせもキチンと考えて出していただけますので、安心して服用できるという訳です。

また、今、服用しているお薬の名前を覚えていなくても、お薬手帳にかいてありますから、例えば、万が一、合わないお薬・湿疹などでたりした時など、手帳に書いておくことで、もう二度と病院から処方される心配はありません。


 ■回答■
■質問■
「お薬手帳」はどこの薬局・病院でも書いてもらえるのですか。
 
 
基本的には、どこでも書いてもらえます。ただ、忙しそうで出しにくいという場合とか、書いてもらえない場合は、かかりつけの薬局へ行き、出されたお薬を見てもらい、書いてもらうとよいでしょうね。ですから普段から、信頼できる薬剤師のいる「かかりつけ薬局」を決めておかれると良いでしょうね。

 ■回答■
■質問■
「お薬手帳」があることで、病院の先生と薬局の薬剤師が、
服用するお薬をダブルチェックができるんですね。
 
 
そうですね。安心してお薬を服用するために、そして、病気が早く回復するためにも、また、治っても、必ず「保険証」と「お薬手帳」はいつも一緒に、持っておかれることが望ましいですね。

 ■回答■
■質問■
私は、「お薬手帳」を持っていませんが、どこにおいてあるんですか。
 
 
基準薬局のクルクル看板・ステッカーのある薬局では、どこの病院の「院外処方せん」でも、お薬を出してもらえます。その際、「お薬手帳」も一緒にお渡ししています。
 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会