一般社団法人 宮崎県薬剤師会
関連リンク集 宮崎県薬剤師会facebook サイトマップ

 
トップ  >  医薬品  >  スイッチOTC



スイッチOTC

 

■質問■
「スイッチOTC」とはどんな薬なのでしょうか?
 

この「スイッチOTC」ということばは、一般の消費者の方は耳にしない言葉だと思いますが、私たち薬を扱うものの専門用語の一つなのですが、まず、OTCということぱですが、これは、オーバー・ザ・カウンターのアルファベットの頭文字をとったもので、カウンターごしに体面販売をする薬のことを言い、薬局薬店そ売っている大衆薬を意味しています。

一方、この大衆薬とは違って、医療用薬品として、医師の処方にもとづいて使用される薬があるわけですが、スイッチOTCとは、この医療用薬品であったものが、大衆薬つまりOTC薬として販売が許可になったものを、医療薬からOTC薬に切りかわった、スイッチしたということから「スイッチOTC」と呼ばれています。


 ■回答■
■質問■
もともと医療用であった薬が大衆薬にスイッチしたということですね?
 
はい、そうです。
従来、OTC薬といえば効きめよりも安全性の方が重視されて、「大衆薬は、少し効きめが悪いようなきがするなあ」と思われがちでしたが、この「スイッチOTC薬」は、大衆薬のなかで、比較的、効きめの良い薬として市販されています。

 ■回答■
■質問■
それでは、どんな薬が、具体的にあるのでしょうか?
いくつか例をあげていただけますか?
 

いろいろな製品が販売されていまして、たとえば、「インドメタシン」と
いう筋肉痛や関節痛に塗って痛みや炎症を取る薬ですか、この成分を配合したシップやクリーム、ローションなどは以前から販売されています。皆さんもテレビなどのコマーシャルで「インドメタシン配合」という言葉を良く耳にしていると思います。

また、胃腸薬では、H2ブロッカーといって、胃酸の分泌を抑える成分がありますが、この薬品を配合した胃腸薬が販売されています。

また、今は花粉症の季節ですが、目薬では、クロモグリク酸ナトリウムという、アレルギーをおさえる成分を配合した目薬も販売されています。同様に、この成分を含んだ鼻炎スプレーも販売されています。まだ、このほかいろいろと販売されています。


 ■回答■
■質問■
そういえば、「インドメタシン」とか「H2ブロッカー」とか、テレビのCMで良く耳にしますが、
これらは商品名ではなく、「スイッチOTC薬」の効きめの本体となる、配合成分なんですね?
 
はい、そのとおりです。

 ■回答■
■質問■
でも、そうした薬は、もともと医療用薬品の成分を含むので、だれでも手にすることができる
大衆薬として売られていて、心配はないのでしょうか?
 

もちろん、心配ありません。
確かに、こうした薬は、普通の大衆薬より比較的効きめが良いのですが、一般の人が自分の判断で使用されるので、その有効性と安全性が確認された成分が、有効性と安全性を確保できる範囲内で配合されて、「スイッチOTC薬」として販売されています。

また、こうした薬は、その成分の種類や、含まれる濃度によって、指定薬といって、薬剤師のいる薬局などでなければ販売できないようになっています。

薬によっては、ほかの薬との飲み合わせや、使ってはいけない症状の場合もありますので、こうした薬は、必ず薬剤師に相談して購入していただきたいと思います。


 ■回答■

 


 

 

一般社団法人 宮崎県薬剤師会
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-26-7755
FAX 0985-25-8069
miyasys0@miyayaku.or.jp

医薬分業支援センター 薬事情報センター
〒880-0813
 宮崎市丸島町2-5 地図
TEL 0985-27-0129
FAX 0985-29-8127
miyasys3@miyayaku.or.jp


日本薬剤師会